06.21
Sunday
2020

時間が空いてしまったのですが、今回は第14回和風展投稿作品のことを記載したいと思います。複数の写真をキャンバスに貼り込み組み合わせて一枚の作品を作成するフォトバッシュという手法で作成しました。ベースは、数年前京都の哲学の道で桜の咲いている時期に撮影した写真です。 使った写真はいずれも前回紹介したイラスト調変換したものです。和風展に投稿した作品は夕方を想定して全体的に紫がかった色調としたのですが、違和感があったので、pixivに投稿する際に自然な色調に変更しました。

 

亡くなった人に書いた手紙を投函できる緑のポストを題材に、下記の音楽からイメージを膨らませて制作しました。タイトルはいきものがかりのSAKURAの一節から頂きました(下記をクリックすると、Youtubeに接続し音楽が流れます)。

届きますように/KOKIO 桜流し/宇多田ヒカル SAKURA/いきものがかり

 

「桜 舞い散る」

 

〇フォトバッシュについて

フォトバッシュについては、フォトバッシュ入門という書籍が販売されています。フォトバッシュで基本的なことに分類されるアイレベルを合わせるということも記載されていないのですが、作品制作に写真を取り入れる手法を理解するのに役立つかと思います。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N23AX8E/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

 

私が作品の一部に写真を使用する手法があることを知ったのは、かなり前(10年程度?)のことで「デジタルペインティングテクニック」の記事を見たことがきっかけでした。その頃はまだフォトバッシュという名称ではなかったのですが、写真を使って作品を仕上げていく手法が幾つか紹介されていました。書籍に掲載されていた作品の一例が下記で建物部分は博物館の写真が使用されています。

http://ja.desktopwallpaperhd.net/view/wallpaper-scenery-art-marco-bauriedel-alice-visual-fantasy-mi-linda-18300.html

 

当時は私自身があまり写真を所持しておらずフリーで使える写真もあまりなかったので見るだけで終わってしいました。その後、写真が趣味となって使える素材が増えたことや写真のイラスト調変換で作品の一部として使用できる環境が整ったので今回試してみることにしました。コロナ禍で近所を散歩することが増えたのですが、頭で考えるより自然は変化に富んでいるということに気が付いたことも写真を用いるきっかけの一つだったりします。

 

〇制作イメージ

最近はイラスト関連のYoutubeをみることが増えました。この中で最近のお気に入りはさいとうなおきさんのコンテンツです。この作品も「作業工程を●●すれば絵は確実に完成する」を参考にしました。ただ写真を使うことを前提としていたので、流れが異なっている部分は多いです。改めて制作過程を確認すると随分と迷走しており、参考作品をもっとよく調べてイメージを固めていくべきだったのが反省点ですね。さいとうさんのコンテンツを見ると、制作作業よりも下準備により多くの時間をかけていることがよくわかります。

 

・テーマを決める:胸をしめつけるような切ないイラスト

・何を描くかを決める:桜が舞い散っている中で届かない手紙を亡くなった人に出そうとしているシーン

紙飛行機、郵便局(小さな郵便局) ポスト 夕方
緑のポストは亡くなった人にだす手紙を投函できるとのこと

 

〇大ラフ

大ラフ(案1-4)

 

とりあえず案2と案4がいいかと思ったのですが、クリーンアップした後、全体の色調を決めてから、最終決定しようと思っていました。案2は描いていないのですが、紙飛行機を見ているイメージです。

 

〇カラーラフ

案4はポストに手をあわせると背中を見せることになるのでNG、案2は水面を見る形に修正されています。クリーンアップ作業が思っていたより大変だったこともあり、カラーラフを見ると当初の方向性を見失っていることがわかりますね。大ラフの段階で大まかでもよいので紙飛行機を書き込んで検討しておくべきだったのかもしれません。クリーンナップ作業は最近はソフトの性能も向上しているので、それをもっと利用することも考えてもよいのかもしれません。

 

 

〇完成に向けて

人物を配置する場所は最後まで迷いました。カラーラフのポーズが不安定だということと、奥に向かって道が伸びているのに手前に人とポストを配置すると視線がここで止まってしまうことを考慮して、人物は橋の上に配置し、視線を奥のほうまで誘導してもらう役割を担ってもらうことにしました。この位置を選択したのは、クリーンアップの作業中に橋の上の人が目立つことに気が付いたことがきっかけです。ただ、明度や色相対比でもっと目立つようにしてもよかったのかもしれません。これ以外にも、水面に映った桜が目立つように水面と陸の比率も変更しました。桜が目立つようにライティング、色彩などを調整して仕上げました。

 

〇最後に

作品制作では、違和感を大切にしました。写真のつなぎ合わせやクリーンナップの修正に問題がないかは、まず違和感を感じることが大切だと思ったからです。ただ、全体の色調には配慮できなかったので、その点は今後の改善点だと考えています。今までとは異なる手法で制作した作品なのですが、久しぶりに自分らしい作品だなと思える作品に仕上がったように思います。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


05.15
Wednesday
2019

今年も和風展に無事投稿できました。クレジットが抜けていることに気がついて、さっき修正してきたところです。製作過程を細かく記載していると時期を逸してしまうので、今回はあっさりと記載したいと思います。

 

ポーズの元ネタ:Pinterest

元ネタから美しい男性や少年を誘惑して木の中に引きずり込むという木の精霊ドライアドを連想したのが、製作のきっかけでした。今回は和風展に併せて桜の樹の精霊という設定としました。

 

製作過程

|棒のポージング

脱力……のはずなんだけど、肩に力が入っているように感じられて違和感がある

→後にIKをONからOFFしたところ、腕があさっての方向に。変なテンションがかかっていることに気がついてて修正。

∪採遏塀性)のポージング

人間ってこんなポーズができるんだと感心しつつ元ネタを参考にポーズをつける

→もしかして脚を組んでいる??(この段階で初めて気がついて半泣き状態)

→IKをON&OFFしながらポーズをつける。裸の男性の股間の近くを脚が這い回るので妖しい気分いっぱい

ぐ畫

ポーズからしてコンフォームもDCも無理だろうなと思っていたけどやはり駄目でした。M4用のリアルジーンズが使えたのは救いだったかも

Xfrog JAPANのソメイヨシノを試しに配置してみる

→桜の花が大きすぎる&幹が細すぎる(M4が空気椅子状態!)

→ネットで見かけた樹木素材.comの写真素材を使用することに

Xfrog JAPANを使用した製作途中の作品(V4の髪飾りとして一部を残すことにしました)

Σ萍鵡柔

人物に視線がいくように、画面の一部を断ち切ることに

→画像の位置あわせで拡大したため、この後の修正が大変になる(半泣き状態)

О畫

精霊は元ネタ、男性はネットで探してきた柔道着を参考に無心で描きました。

投稿

投稿してみたがノイズが気になるのでPNGからJPEGに変更し、大きな画像と差し替え。


08.15
Wednesday
2018

地震や大雨など各地で災害が起こっていますが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?私は通勤途中で地震にあいました。最寄り駅で列車に乗る直前だったのですが、怪我や自宅に被害はありませんでした。大雨も被害はなかったのですが、真夜中に携帯から緊急避難警報が4〜5回鳴り響き、眠ることができませんでした。近くに川があるのですが、下流の方では水位が警戒域を超えていたようです。そんなこんなで間があいてししまったのですが、製作ノートの続きです。

 

前作の画像もイ鉢Δ僚萢を行って、一度背景と合成してみました。ポーズが今ひとつだと感じたこともあり、ポーズを修正したところからの説明となります。

 

グ貪拉鮃画像として細部を修正

細部の修正・描き込みはグリサイユ技法を応用することにしました。この方法のほうが、明度のみで描き込みできることが理由です。髪の毛、涙目や目の光具合、薙刀、はかまの陰などを加筆しています。併せて、顔のあかるさ、鎧や金具の光具合などを修正しました。目の部分には特に時間をかけて修正を行っています。顔の部分の修正前後の画像を掲載しておきます。ちなみに、イ硫檀・修正は時々Δ傍載したカラー合成を行って、完成したイメージを確認しながら作業しました。

 

 

η鮃画像の着色

主要部分はカラーのレンダリング画像を上記の白黒画像の上に重ねて、CLIP PAINTのレイヤーブレンド:カラーで着色しました。併せて、はかまのピンク色など一部色の調整しています。陰を青くしたかったこともあり、今回はCLIP PAINTのレイヤーカラーの機能で青く着色した画像を、乗算でブレンドするという方法などを用いたりしています。

 

背景との合成

Δ巴綽Г靴寝菫を背景となじませていきます。光源を意識したハイライトの描きこみと色の調整が主な作業となるのですが、カメラで撮影したのと同様に、人物にピントがあっている感じをだすために、馬と背景はわずかにぼかすことにしました。これ以外にも背景画像をバックライト処理したのですが、もう少しきちんと効果的な方法かどうかを確認してから内容を紹介したいと思いますので、今回は詳細は省略させて頂きます。合成直後の画像と完成間近の画像を参考までに掲載しておきます。

 

 

○最後に

私は未だV4を使用しているのですが、Dazでは第8世代になっていました。何が進化したのかを確認してみたのですが、正直よく判りませんでした。映画にはCGが欠かせないのですが、ほぼすべてを3Dで製作するという手法で作品を作成しているホビーユーザは年々少なくなっているように感じます。先日、pixivでVRoidを見かけました。「3Dを使ったコンテンツを、誰でも創れるようにしたい」というのがコンセプトのようで、アニメ風キャラが簡単に製作できることを目指しているようです。よりリアルなレンダリングができるようになったPoserですが、進化の方向性ってそちらなんだろうかとふと疑問に感じたのでした。