01.04
Friday
2008

明けましておめでとう御座います。本年も宜しくお願いいたします。新年の挨拶としては遅いのかもしれませんが、今年最初のブログなのでご了承ください。

年末のブログに書いたのですが、Forum3Dの「時代劇祭」とRenderosityの「2007 Holiday Contest」に出展させて頂きました。出展できたお陰でForum3DではHoneyさんとHisayanさんが製作して下さった参加賞を頂くことができました。また、Renderosityでも選外佳作の1つに選ばれました。投票した頂いた方、どうも有難う御座いました。

けれど、そのつけが回ってきて、年末は最後までバタバタとしておりました。何をやっていたかというと、大掃除や年賀状製作の傍らで、Carrara6のTrial版を試していました。Hair DynamicsやParticlesといったかなり上位クラスのソフトにしか付属していない機能が搭載されており、年末まで半額以下という大安売りをしていたので、どんなものかを確認してみたかったのです。

試せたのは半日程度なので、これらの機能をきちんと確認はできなかったのですが、樹木が結構簡単にモデリングできることが判ったので、購入することにしました。Carraraで樹木を製作した後、Objとしてファイルのやり取りをしたのですが、標準設定では樹木の幹しか吐き出されませんでした。BryceではObjとして保存できるものが、かなり限定されているので、Carraraも同じなのかなと思っていたのですが、Model>Manipulation Map>Full-Detail Meshにチャックをいれると枝や葉もobjとして保存できることが判りました。Vueに取り込んで、質感を当てたのが以下のサンプル画像です。


(Carrara6の設定)


(Vueレンダリング画像)

今のところ最終のレンダリングはVueで行うつもりなのですが、Vueの機能をCarraraが少しでも補完してくれたらなと考えています。ちなみに、mode103もDAZで大安売りしていた時に購入したので、バージョンアップを検討してみたのですが、これらの機能がよく判らなかったので、今回はバージョンアップ見送りました。今年はモデリングを少しでも覚えたらなと考えています。

正月休みも残すのは、僅かなのですがこの休みにしようと思っていたことの半分もできていない有様です。せめて本家サイトの更新はしておきたいなと考えています。


Comments