08.14
Thursday
2008

前回紹介した作品を制作した後に、Vue 3D Environment Competitionに出展できるような作品ができないかとVueをいじっていました。結局は間に合わなかったのですが、棚田の風景を製作していました。昨年末にも製作してみたのですが、上手くいきませんでした。再度挑戦ということでどこで製作をはじめたのですが、グレースケールで画像を描いて地形を製作する段階でぼかしの使い方を注意したほうがよいことに気が付きました。今回はVue Tipsとして、これを紹介したいと思います。

モデルとしては、以下のような田を使用します。ちなみに田んぼの製作方法は「江戸暦」(HONEYさんのサイト)にTipsが紹介されていますので、興味のある方は参考にしてください。地形エディタの画像を開いて、以下の2D画像を読み込むことにより製作することができます。


(地形エディタで製作)


(2D画像)

すそに向かって広がるような形状にしたい場合など、通常はぼかしをかけることになるとおもいます。さて、この画像にぼかしをかけて、Vueに取り込むと地形はどうなるのでしょうか?今回は汎用されるぼかし(ガウス)半径5pixcel(Photoshop EL)を2D画像に適用しVue地形エディタに取り込みました。


(ぼかしをかけた2D画像で製作したVue地形)


(地形エディタ)

画面上では判りにくいのですが、地形エディタを見ると線が交わる所が高くなっています。この現象はぼかしという処理を2D画像に適用すると多かれ少なかれ起こるようで、ぼかし(強)などを何度か適用してからVueに取り込むんでも同様に線が交わる所が高くなるという現象が起こります。複雑に線が入り組むようなモデルでは、交点が高くなるだけでなく、一部がえぐれたような形状になってしまうこともあります。また、これに気が付かずに先に作業をすすめてしまうと、結局地形が思い通りにならないということになってしまうのではないかと思います。

元々Vueの地形エディタはあまり使い勝手がよいほうではありません。このため、複雑な地形を製作する場合には2D画像を使用することになると思うのですが、これではこの方法もあまり使い勝手がよいとは言えないということになってしまいます。何かよい解決方法はないのでしょうか?そこで、いろいろなぼかし方ができるGIMPでぼかし方を変えて地形を製作してみることにしました。

使用したのは、GIMP2.4です。上記のようなことが全く起きないようなぼかし方は見つからなかったのですが、Z値を用いた被写界深度のレタッチで紹介したFocus Blurを使用する方法が比較的ましでした。このフィルターを用いて、Concave(Model 5)を適用すると、以下のようになります。大きくはないのですがあぜが崩れてしまう方法なので、値はあまり大きくしないほうが良さそうです。


(Focus Blur Concaveぼかしをかけた2D画像で製作したVue地形)


(地形エディタ)

他に方法はないかと思っていたところ、GIMP2.4ではぼかし(ガウス)(GIMPではガウシアンぼかしと表記)を縦横別々にかけることが出来ることに気が付きました。これを用いて、以下のような方法を試してみました。まず、2枚のレイヤーを用意します。これに縦と横別々にぼかし(ガウス)をかけたものを明度(明)でブレンドします。ぼかし(ガウス)10pixelでも、最も歪みが少ない結果が得られました。


(縦横別々にぼかしをかけた2D画像をブレンドして製作したVue地形)


(地形エディタ)

他によい方法があるかもしれないのですが、私が思いついたのはこんな方法でした。以前から地形の製作に2D画像を用いていたのですが、思い通りの地形にならないことが多かったのは、こんな所に原因があったのかもしれません。ちなみに、棚田を作りながら、モデリングできるなら、複雑な地形はモデリングソフトを使用したほうが楽だろうなと思いました。Vue7では地形エディタも使い勝手のよいものになってくれれば、有難いと考えています。

お盆休みは特に予定はないので、久しぶりにゆっくりとした時間を過ごしています。この機会にいろいろなことを試してみたいと思っていますが、いつも通り何もできずに終わってしまうことがないよう気をつけたいですね。私の住んでいる地域はすこし暑さが和らいだようで、昨日は暑くて目が覚めるということはありませんでした。雨の予報が当たってくれれば、もっと涼しくなるのにと思っています。


Comments

解説、どうもありがとうございます。
確かに、交点付近の飛び出しは厄介ですね。
私は、最近では地形エディタのクリッピング機能で、突出した部分は削ってしまっています。遠くの地形であれば、これで十分かもしれません。

  • HONEY@2008/08/16 2:18 PM

こんにちは、HONEYさん。
平面の田んぼであれば、確かにクリッピング機能が楽ですね。けれど、棚田のような高低差があるものでは、なかなか難しいようです。クリッピング機能を用いて段毎のパーツに分けて再度組み上げることも考えたのですが、もう少しよい方法がないかなと検討してみました。

棚田は難しいですね。地形だけでなくマテリアルの設定もどうするかを考えておかなければなりません。いつ完成するか判りませんが、気長に製作してみる予定です。

  • 銀狐(Ras)@2008/08/16 7:16 PM









Trackbacks