05.23
Saturday
2009

ゴールウィークから、Carraraを試しています。Vueの透明感のあるガラスや水の表現や質感表現の多彩さが気に入ってVueをよく使っているのですが、Vueにはヘアやパーティクルの機能が搭載されていません。これらの機能がほしいなと前々から思っていたのですが、10万以上もする上位クラスのソフトにしか、通常は搭載されていません。GWにいろいろと調べてみたのですが、更新料もかなり高額で個人で購入し、維持していくのは結構辛いなと思いました。ちなみに、mode401にはヘアの機能が追加されるそうです。なかなかいい感じで思わず欲しくなってしまいました。

CarraraはDAZで販売されているソフトで、これら機能が搭載されているにも関わらず比較的安価で、動作が軽いのが特徴です。Vueでメモリーを気にしながら製作していることもあって、軽いというのはとても有難いなと思いました。けれど、Vueとの親和性はあまりよくありません。以前、基本的な操作は確認していたこともあって、DAZのフォーラムCarrara 6 & 7 Tutorials reference listCarrara 6 Loading and using Content Tutorialを参考に、Runtimeの登録を行い、Poserコンテンツが使用できるようにしました。

次にCarrara専用コンテンツのインストール方法を探してみました。以前購入して未インストールであったStoney CreekのProduct Documentation Wikiに詳しい方法が掲載されていました。一度任意のフォルダに展開してみると判るのですが、ソフトがインストールされているフォルダ内のPresets、Scenes、Runtime、Dataなどソフトがインストールされたフォルダ内のこれらと同じ名前のフォルダにコンテンツを放り込めば、よいことが判りました。後は上記のContent Tutorialと同様にCarrarに登録しておけば、すぐに呼び出して使えるようになります。この製品のWikiは充実していますね。レンダリングの設定などが検証されているので、とても参考になりました。

製品ページの画像が簡単に得られるように、カメラ位置が予め複数セットされているのも特徴です。Stoney Creekと最近購入したWorld Gardens Japanのレンダ画像です。World Gardens Japanは追加コンテンツを適用しています。World Gardens Japanを購入しているので、クーポンが発行されており追加コンテンツを割引価格で購入することができました。


「Stoney Creek」


「World Gardens Japan」

Carraraは植生を比較的簡単に自作できるので、精通したベンダーさんなら、このような森や庭のプリセットを製作することが出来るのですね。VueでもCornucopia3Dでプリセットが販売されているのですが、これらと比較すると、今一つ迫力というか魅力が薄いなと思います。Vueでは個人で新たな植生を製作することが難しく、Vueに標準で付属しているような限られた植生だけで森を製作しようとすると結構難しいのが原因なんだろうなと思いました。Vue7からPioneerにはほとんど植生が付属しないようなので、プリセットの製作はもっと難しくなるだろうなと思います。

Stoney Creekのテストレンダをしている内に、試しに一枚製作してみたくなりました。V4とM3を使って製作してみたのが、以下の作品です。憧れというか手の届かない恋というをイメージして製作してみました。これだけのものをシーンに呼び込むと流石に一発でレンダすることは出来ないため、4分割して組み合わせました。以前紹介したeBoosterの効果もあるのだろうと考えています。Carraraは一回目でメモリーが足りなくてレンダリングできなくとも、2回目同じ部分をレンダするとレンダリングできることがあるのが嬉しいですね。

操作になれていないこともあって大まかなポーズはPoserでつけた後、Carraraに取り込んでポーズの微調整を行いました。これだけのものを呼び込むとVueでは操作がかなりもたつくのですが、ポーズ変更は問題なく操作できました。Poserからの取り込みは、CarraraのImportを使用したのですが、「Create IK targets」のチェックを入れないとペアレントした服が本体に追随してこないことが判りました。手に馴染んでくると、結構使い勝手がよいソフトかもしれません。ちなみに、質感の設定など細かい部分はまだよく判らないのですが、少しずつ操作を覚えていけたらなと考えています。


「恋心」


Comments

ras_silverfoxさんも、Carrara7を始められましたか。使い方講座の発表を
(ひそかに)楽しみにしております。(笑)
使いこなせれば、かなり強力な道具となると思ってはいるのですが・・
使いこなせない・・んです。ううぅぅ・・(笑)

私もHowieFarkesさんのデーターを2点ほど買ったのですが、メモリーが
足らないのか、レンダリングが途中で終了してしまいます。残念です。

以前から気になっていたeBoostrも一週間ほど試してみたのですが・・
うちの環境では起動時間も動作状態もほとんど改善の様子がみられないよう
なので撤去しました。どうやらマシンとの相性が良くないようです。

  • はる@2009/05/23 8:51 PM

こんにちは、はるさん。
Carrara6の頃から購入して所持はしていたのですが、最近やっと本格的に使い始めました。使い方講座は備忘録を兼ねていますので、少しずつでも記載しておきたいなと考えています。

レンダリングが途中で終了するとのことですが(1)見えない部分のオブジェクトを削除する。(2)製作フレームを調整して分割レンダするという方法を試してみては如何でしょうか?

私はeBoostrでメモリ1GとUSBメモリ、ハードディスクを指定して使っています。USBメモリは転送速度が高速のものでないとあまり効果はないようです。

  • 銀狐(Ras)@2009/05/24 8:47 AM









Trackbacks