Vue気象の再現:夜

2009.05.24 Sunday 14:18
0
    月夜の再現を行う前に、Vueでの夜の製作方法を簡単に記載しておきたいと思います。いくつか方法があるのですが、単独ではなくこれらを組み合わせて製作することが多いように思います。夜の製作では標準大気が使用されていることも多いのですが、今回はVue7に標準で付属している「San Pedro Telmo」というスペクトラル大気を使用することとします。


    「San Pedro Telmo」

    (1)露出を下げる。
    大気設定>光源>グローバル照明調節の露出を下げます。この方法だけで夜のシーンを製作する場合には、大気によっても異なりますが-2〜-4程度とする必要があります。露出を極端に下げた場合、レンズフレアが消失することが判るかと思います。月夜のシーンを製作する場合、月を輝かせるためにレンズフレアを使用するので、この方法は使用できないことになります。Vueに標準で付属している夜のスペクトラル大気は、この方法を使用しています。


    「大気設定>光源のタブ」


    「露出を-4に変更した画像」

    (2)天空色と減衰色を変更する。
    大気設定>天空、霧ともや>天空の天空色と減衰色を変更します。雲に掛る影の濃さ(色)は大気設定>光源>環境光源色で変更します。添付した画像は環境光源色の明度を84まで下げて、雲があまり明るくなりすぎないよう調整しました。


    「天空色と減衰色変更前(上)と変更後(下)」


    「天空色と減衰色を変更した画像」

    (3)黒い霧ともやを使用する。
    大気設定>天空、霧ともや>霧とかすみに黒色(もしくは濃い青色など)に変更し、密度の値をあげます。霧を用いた場合は奥にいくほど、黒が加算されるので、奥に行くほど暗さが増す洞窟などのシーンを製作するときには適しているかもしれません。しかし、月夜の製作には惑星の月を用いるのですが、霧やもやの密度を上げると月が見えなくなってしまいます。この方法で月夜を製作したい場合には、3Dオブジェクトの月を用意する必要があると思います。同様にメタクラウドや雲を用いることでも同様の効果を得ることができます。


    「霧ともや変更前(上)と変更後(下)」


    「黒い霧を用いた画像」

    (4)高度なカメラ設定を使用する。
    カメラを選択し、右クリックでオブジェクトの編集を選択すると簡単なポストワークと同様な設定を行うことができます。一例なのですが、以下のような設定を行うと夜のシーンの風景を製作することができます。


    「高度なカメラ設定」


    「高度なカメラ設定を使用した画像」

    「夜桜と黒馬」では、月夜の製作に惑星を使用し、レンズフレアを用いて月を輝かせました。主に(2)と(4)の方法を使用しています。次回は月夜の製作例を記載する予定です。

    今週のつぶやき
    5月になってVue7日本語版がリリースされたのですが、e-onのサイトではすでにVue7.5のことがアナウンスされています。Vue7→Vue7.5、Vue7.5→Vue8はともに有料バージョンアップになるそうで、Vue7.5のリリースまでの期間からすると、Vue8のリリースもかなり早いだろうなと思いました。Vue7英語版を購入し、最近日本語化パッチが配布されたので適用してみたのですが、一部正常に表示されない部分があります。あまり急いで購入するものではないなと思いました。

    バージョンアップは、Vue7.5は見送ってVue8になるだろうとおもうのですが、Vueの機能アップとバージョンアップ費用をよく検討してからにしようと考えています。高価なソフトなので、大きな機能アップなしに有償バージョンアップはして欲しくないのですが、付き合いづらいソフトになりそうなのが、少し心配です。秋にはwindows7がリリースされる予定ということもあり、そろそろ64bitパソコンが欲しいなと考えています。何かと物入りの一年になりそうです。
    category:Vue | by:銀狐(Ras)comments(2)trackbacks(0)
    Comment
    今晩は〜
    私はほとんど1と2ばかりでしたが、大気設定の何処を操作すればどこがどう変わるかはっきり理解しておけば試行錯誤も効率的に出来そうです、参考にいたします。

    3と4も覚えておけば随分自分のイメージに近づけるのが楽になりそうです。

    私は今の所Vue 7 Completeにしようと思ってます。
    金額的なこともありますが今までもInfiniteが私には贅沢すぎるかな、と思っていたので。
    一旦Completeにしてしまうと後でInfiniteに戻る事は出来なさそうで寂しい感じはあるのですが。

    所でVue7から7.5を飛ばしてVue8へいきなりバージョンアップできるのですか。
    Vue5から7は出来なかったと思うんですが。
    こんばんは、sannziさん。

    >大気設定の何処を操作すればどこがどう変わるかはっきり理解しておけば試行錯誤も効率的に出来そうです。
    確かに、大気設定の手順と同じ部分がありますね。私は大気の設定を行う場合、(2)で大気の大まかな雰囲気をつくり、(1)で明るさと暗さを調節し(3)で微調整をかけるという手順で大気の設定を行っています。(4)はオブジェクトを配置した後、全体的な雰囲気を調整するのに使用します。シーンによっては明度を少し変更するだけで随分雰囲気が異なることがあったりします。

    私も CompleteにするかInifiniteにするかで迷いましたが、CompleteではVue6の機能が一部制限されることと、Inifiniteには植生が沢山付属することもあって、Infiniteを選択しました。

    Vue7からVue8にアップグレードできることは5月6日のe-onのニュースレターに記載されています。現在は以下のアドレスですが、新しいニュースレターが発行されるとページが変わるので、日付が異なる場合は探してみてください。
    http://www.e-onsoftware.com/about/newsletter/?page=1

    ただ、Vue7.5(xStream・Infinite)にはVue8のほとんどの機能が搭載されるとの話もあるので、Vue8のアップグレードは慎重に考えたいなと思っています。
    • 銀狐(Ras)
    • 2009/05/25 11:56 PM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM