GeoControl2

2009.06.01 Monday 00:06
0
    Cornucopia3DでGeoControl2が販売されています。6月9日までは40%Offの$89です。以前レンダロのギャラリーで紹介されているのをみかけていいなと思ったこともあって、デモ版を試してみました。本家サイトはこちら。この本家サイトでデモ版のダウンロードやビデオチュートリアルも見ることができます。プリセットを読み込んで少し試してみただけなのですが、地形を製作するにはかなり強力なツールだなという印象を持ちました。GeoControl2の本家サイトで紹介されている操作方法を参考にGeoControl2で地形を製作し、Vueに地形持ち込んでみました。英語ですがこちらのサイトでも方法が紹介されています。ちなみに私は標準地形を使ったのですが、こちらのサイトでは直接生成地形を使用しています。

    (1)GeoControl2の地形の書き出しとVueの設定方法
    Generation>Terrain Export>TGA for Vue,Pov Rayを選択し、適当な名前をつけてTGAファイルを書き出します。


    「GeoControl2操作画面」

    次にVueを立ち上げて地形エディタを開き画像>読み込みをクリックして、書き出した画像を指定します。製作した地形をそのまま書き出したいときには合成モードを混合のまま比率を100%にします。ちなみに、100%以外の数値にした場合は、元の画像と指定した地形が混合したものとなります。このままでは解像度が足りないので、地形エディタの一番上の/2×2を押してGeoControl2のGeneration>General>Terrin Sizeと同程度の大きさにしてやります。下のサンプル画像はGeoControl2のTerrin Sizeは2048だったのですが、Vueでの負荷を考えて1024×1024の大きさとしました。


    「Vue地形エディタ」


    「GeoControl2で製作した地形にVueの質感レイヤーで質感を設定」

    (2)GeoControl2のテクスチャの書き出しとVueの設定方法
    GeoControl2で指定したテクスチャも書き出すことができます。ビデオチュートリアルに従って、地形にテクスチャを設定します。GeoControl2のほうがより複雑な指定ができるのですが、Vueの質感レイヤーの使い方に慣れている人は感覚的に同じようなものであることが判るかと思います。テクスチャはGeoControl2の2D画像がそのまま書き出されるので、View>Colouring>Use shaderを指定して2D画像に指定したshaderを適用します。このあたりは個人の好みになるかと思うのですが、下の画像はView>Relief>Fineに変更しました。この後、地形と同様にGeneration>Image Export/Colorを選択し適当な名前をつけてテクスチャを書き出します。後は質感エディタでカラー&アルファでカラーモードで画像を指定します。シーケンス全体を読み込みますかという警告がでるのですが、いいえを選択してください。GeoControl2のテクスチャを工夫することで、同様の手順でバンプ画像やアルファ画像も製作することが可能なはずです。


    「GeoControl2で製作した地形にGeoControl2のテクスチャを適用」

    まだ、試してはいないのですが、地形に応じた川や池の位置がシミュレーションできたり、地形の上に道も追加できるようで、使いこなせば思い通りの地形が製作できるかもしれないなと考えています。40%Offの6月9日まではまだ時間があるので、もう暫く試してみて購入するかどうかを考えたいなと思っています。今回はVueとの連携を検証したのですが、書き出しはTerragon、3Dmax、Carrara、Bryceにも対応しています。グレースケールでの書き出しやOBJ形式での書き出しもできるので、大抵の3Dソフトで使用することができるかと思います。試しに以下のような画像を製作してみました。GeoControl2のプリセットをそのまま用いたのですが、地形が簡単にできると製作も捗りますね。


    「荒野の未来都市をイメージした画像」

    今週のつぶやき
    ご存知の方も多いと思うのですが、「グインサーガ」が未完の大作となってしまいました。本のほうは途中で挫折してしまったのですが、少なからず影響を受けた作品だったので、残念だなと思いました。ご冥福を祈りたいと思います。ちなみに、今年から始まったアニメは懐かしいなと思いながら、毎週みています。個人的にはオーバーすぎるアクションが好きにはなれないのですが、背景は綺麗だなと思いました。けれど、できれば3Dで再現されたグインの世界を見てみたかったなというのが正直な感想です。
    category:3D | by:銀狐(Ras)comments(2)trackbacks(0)
    Comment
    今晩は〜
    これは初めて知りました。
    私も少し試しました、山の高さを変えたり山頂の数というか起伏の数を変えるといった程度はできました。
    もし中国桂林の山々などが出来たら面白いだろうと思いました。
    道や川もVueだけでは難しいですよね、チョッと見当も付きませんでしたが出来たら良いですよね。
    このデモ版では出来なのかな?
    私も面白いので暇を見ていじってみます。
    ・・・
    私もグインのアニメ版は楽しみにしてオンエアを待ってました。
    私は予想以上に面白いと思いました。
    オーバーすぎるアクションが好きにはなれないと言うのはrasさんの絵をみると分る気がします。
    ソレが好きという自分も私の絵を見ると成る程と分る気がします(^^;

    グインが未完に終わったのは残念ですが栗本薫さんは終わりの無い物語を作りたいと書きはじめられたそうなので、こうなる運命だったのかもしれませんね。
    • sannzi
    • 2009/06/02 10:41 PM
    こんばんは、sannziさん。
    GeoControl2については、私もまだ少し触っただけなのですが、いろいろなことが出来そうです。詳細は本家サイトのGeoControl2 featuresで確認してみてください。

    GeoControl2 features
    http://www.geocontrol2.com/d_geocontrol_geocontrol2.htm

    こちらのIsolinesを見るとデモ版には付属していないのですが、山と谷を指定するだけで自動的に地形を製作してくれるようです。このため、GoogleEarthなどで地図が入手できれば、実際の地形にかなり近いものが製作できると思います。高度データが入手できれば、補正をかけて実際の地形に近づけることも可能だと思います。

    川や池の製作は上記のriver and lakesを確認してみて下さい。Vueで斜めの地形に川を製作するのは、結構骨が折れるのですが、GeoControl2では水源を指定するだけで地形に応じた川や池をシミュレーションして製作してくれます。ただ、川や池はマテリアル設定に一工夫が必要だろうなと考えています。道はVector toolsを確認してみてください。製作方法が丁寧に解説されています。

    話が変わってグインのアニメの件ですが、オーバーすぎるアクションはどうしてもつっこみたくなるんですよね。黒伯爵の城に捕まって灰色猿と戦った時には簡単に壁が崩れたのに、牢屋に閉じ込められて扉に体当たりした時にびくともしなかった時には思わず「なんでやねん」と言ってしまいました(^^;。

    グインが未完で終わったのは、私も残念です。けれど話の区切りはつけて欲しかったなという気がしました。
    • 銀狐(Ras)
    • 2009/06/03 1:38 AM








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM