06.30
Tuesday
2009

以前紹介した夜の製作方法をもとに、月夜を製作してみたと思います。月夜では月の周囲が明るくなります。しかし、Vueで月を配置しただけではこれが表現されないので、太陽光もしくはライトのレンズフレアを使用して、月が輝く様子を表現してみたいと思います。スペクトラル大気のクラシック・デーを夜空に変更し、月夜を製作するまでを紹介したいと思います。大気設定で何もオブジェクトを置かないと地面に落ちる色が予想外になることがあるので、今回は「ホワイト」の質感を設定した白い球体を配置することとします。


「クラシック・デー初期設定」

(1)夜の大気への変更
まず、大気エディタの「天空、霧ともや」のタブを開きます。天空色→色の編集で色の選択画面を開き、明度を20程度に変更します。同様に減衰色に薄い紫(今回は色相194、明度116、彩度114としました)を指定します。減衰の高度が高すぎるので、この高度を1km程度まで下げます。


「大気エディタ:天空、霧ともや」

次に大気エディタ「光源」のタブを開きます。天空半球の全体色→色の編集で色の選択画面を開き、明度を20程度、グローバル照明調整の中の露出を-0.5に設定します。これでほぼ、夜の大気設定ができました。紫ががっているのが気になる場合は減衰色を青色のほうにシフトさせてみて下さい。


「大気エディタ:光源」


「夜の大気レンダリング画像」

次に惑星を配置します。月をぼんやりと輝かせるためにレンズフレアを使用します。太陽光が一番使い勝手がよいのですが、地面に置いたオブジェクトの明るさが変わってしまうので、今回はスポットライトを使用することにしたいと思います。まず、太陽光を惑星のそばに持ってきます。月夜では、主光源(メインライト)が月になりますので、光源の方向を合わせることが目的です。太陽光を不可視とするために大気設定→太陽のタブを開き太陽の大きさとコロナのサイズを0%に変更します。もし、太陽光を使って月をぼんやりと輝かせる場合には、太陽の大きさのみを0%として、コロナの大きさとレンズフレアを調整してください。


「スポットライトの配置」


「大気エディタ:太陽」

スポットライトを惑星の背後において、明るさとレンズフレアを調整します。サンプル画像ではスポットライトはカラーを(色相:明度:彩度)=(152:181:15)、柔らかさ:0、角度:40、減衰:20、強度:50としました。レンズフレアの設定は以下の通りです。最後に惑星の明るさを調節してやれば完成です。サンプル画像では地面に光が落ちないように影響の設定なし、影もなしに設定しました。ちなみに、影響の設定を行う場合にはLightTuneのモジュールが必要です。


「レンズフレアの設定」


「サンプル画像」

今週のつぶやき
e-onのサイトでVue 3D Environment Competition 2009の応募が始まりました。e-onが毎年開催しているVue最大のコンテストで、Vueのバージョンは問わないので、フリーのVue 7 Pioneerでも参加することが可能です。ただ、Vueで製作した風景が主題であり、レタッチはできないので植生がほとんど付属していないVue 7 Pioneerでは結構つらいものがあるかもしれません。応募期限は7月20日まで、詳細はリンク先で確認してください。これまで発表した作品を出展することはできないので、とりあえず製作を始めました。昨年もいくつかコンテストに出展しているのですが、期限に間に合わなかったこともあって取り合えず期限までに完成させることが課題かなと思っています。思い描いているシーンが結構難しくてクリアしないといけない課題が多いのですが、期限までに完成して出展できればよいなと思っています。


Comments

お久しぶりです。
アーティストサイドでは、コメントありがとうございました。
コンテストも教えていただき、嬉しかったです・・・が、出品できるかどうかは、わかりませんが・・・。

コメントの返事でも書きましたが、HPを引越ししました。
ついでに、私もブログらしきものを立ち上げましたが、非常に目立たない所にありますし、銀狐さんのブログのように参考になるようなものでもないし、面白くもありませんが、一応お伝えしておきます。
こちらです。
↓↓
http://tetsu3d.net/diarypro/diary.cgi

しかし、こちらは、Vueで悩んでいる人にとっては、すごく参考になるでしょうね。
参考にしている人がたくさんいるかと思います。
私も、困った時には参考にさせていただきたいです・・・が、元来、自分で何もかもやってしまいたい性格ですので、ガイドブックとか、チュートリアルを載せてあるサイトとかも参考にした事が無いです。
限界だと思いながらも、ガンコなんですかね〜・・・?

もう皆さんは、Vue7になっていることと思いますが、私は地道にVue6で頑張っていきます。

あ、いろいろなアドバイスは、本当にありがたく拝聴させていただいております。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。

では、お邪魔しました。

出来ました。
月もですが夜空もエレガントに仕上がって良かったです。
又夜空の雲も確かにVue6より7の方がきめ細かくなってると思いました。

私はTIPS自体もですがrasさんの制作される姿勢と言うか、絵に対する心得みたいなのも行間から感じて参考に・・・
いえ参考に出来ればいいのですけど(^^;、
少なくとも見習いたいなと思ってます

私もコンテストに出せるかどうか分りませんがアイデアはひねってみます。
ひねれば出るというものではありませんが・・・

所で初心者質問なんですが

私の翻訳ソフトでは1024 pixels wide or 768 pixels ピッタリで提出しなさいと出るんですが間違いないでしょうか。

それと今までの優勝作品を見られるページはあるのでしょうか。

よろしくお願いします。

  • sannzi@2009/07/02 6:38 PM

こんばんは、てつさん。
早速ですがサイト拝見しました。また、ちょくちょく覗かせて頂きます。

>コンテストも教えていただき、嬉しかったです・・・が、出品できるかどうかは、わかりませんが・・・。
Vue 3D Environment Competitionは毎年この時期に開催されています。今年が無理でも、(一年がかりで)来年を目指すという方法もあるかと思います(^^;。

>しかし、こちらは、Vueで悩んでいる人にとっては、すごく参考になるでしょうね。
実は自分の備忘録としても結構役に立っています。そんなこともあって、あまり自覚はないんですよね。ただ、きばりすぎると長続きしないように思うので、負担にならない程度に続けていけたらなと思っています。

>ガイドブックとか、チュートリアルを載せてあるサイトとかも参考にした事が無いです。
流石てつさん、凄いですね。私は最初ソフトを使い始める時、おおまかな機能を覚えるのに大抵はガイドブックを参考にします。そうしないと判らない時間が長くて飽きてしまうような気がするんですよね。けれど、ガイドブックにのっていないことやこんな風にできたらと思っていることが実現できるのは楽しいですよね。その気持ちはよく判ります。

>これからもどうぞ、よろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。

  • 銀狐(Ras)@2009/07/02 11:16 PM

こんばんは、sannziさん。

>又夜空の雲も確かにVue6より7の方がきめ細かくなってると思いました。
今も空をいじっていたのですが、確かにVue7のほうが雲の設定がいろいろとできますね。けれど、印象的な空の写真をみては、こんな空をVueで製作してたいと思うのですが、なかなか思い通りにはならないようです。

>私の翻訳ソフトでは1024 pixels wide or 768 pixels ピッタリで提出しなさいと出るんですが間違いないでしょうか。
原文は「Images should be at least 1024 pixels wide or 768 pixels high, in JPG format only, and no larger than 500KB.」なので、作品は少なくとも(at least)幅1024pixel、もしくは高さ768pixelにしなさい、また500KBを超えないJPGフォーマットとしなさいという意味になるかと思います。つまり、作品の大きさは幅が1024pixel以上か、高さが768pixel以上を満たす必要があるということだろうと思います。

>今までの優勝作品を見られるページはあるのでしょうか。
昨年の優勝者は以下のページでアナウンスされています。ファイナリスト(最終選考に残った人)は次のページで確認できます。
http://www.e-onsoftware.com/showcase/competition/2008/?page=0

ちなみに、昨年は全投稿作品数は419作品だったそうです。私は途中で挫折しましたが、興味があればどうぞ(^^;
http://www.cornucopia3d.com/galleries/thumbnails.php?album=33

  • 銀狐(Ras)@2009/07/02 11:25 PM

有難うございます。
優勝作や応募作をみて大体雰囲気が掴めました。
見ることが出来てよかったです。
まだ分りませんが、私はアイデアが浮かんでも、時間的に一年熟成させた方が良い様に思えました。

優勝作は見た目は地味でも見る人が見たら素晴らしいポテンシャルを秘めているんでしょうね。
NASAの絵は以前からランダムギャラリーで見かけていました、之は適わないなと思ってました
それを押さえてのCompetition Winnerなのでまずその良さが分るようにならないと。

応募規定はrasさんご説明で間違いないようですね。
これも実際の応募作を見て確認できました。

  • sannzi@2009/07/03 5:42 PM

こんばんは、sannziさん。

>NASAの絵は以前からランダムギャラリーで見かけていました、之は適わないなと思ってました。それを押さえてのCompetition Winnerなのでまずその良さが分るようにならないと。
ファイナリストに残った作品は、どれも凄いなとは思うのですが、その中での優劣というのは、実は私もよく判りません(^^;。雪景色を描いた作品なんか、かなり技術的に凄いなと思うのですが、Winnerに入っていませんものね。ただ、Winnerに選ばれた作品はライティングに工夫がされているように思いました。

>応募規定はrasさんご説明で間違いないようですね。
さっき、イーフロからのニュースレターを受け取ったのですが、イーフロのサイトにも日本語での応募要綱が記載されているページができたようです。参考までにリンクをはっておきますね。
http://graphic.e-frontier.co.jp/vue/showcase/competition/2009/index.html

  • 銀狐(Ras)@2009/07/03 8:10 PM









Trackbacks