08.02
Sunday
2009

7月はずっと「Vue 3D Environment Competition 2009」に投稿する作品を制作していました。7月末にファイナリストに残った方々の作品が発表され、リンク先のページに作品が掲載されています。私が投稿した作品はこちら。以前から何度か製作してみたことがあるのですが、上手く製作できなかった棚田の風景を題材に選びました。参考にさせてもらったのは棚田で有名な「東後畑」というところです(リンク先で東後畑の画像が確認できます)。5月には棚田に水が引かれて、海には漁火が見えるということで題材に選びました。製作には課題が多かったのですが、なんとか完成まで持っていくことができました。結果は選外となったのですが、Vue7の新機能紹介を兼ねて、久しぶりにこの作品の製作日誌を記載しようと思います。ちなみに私が所持しているのは、Vue7Inifite(ver7.4-build42999)です。他のバージョンでは機能制限などで同様な機能が付属していないことがあるので、ご了承ください。

今回はまず、Vue7の地形エディタについて記載したいと思います。Vue6とVue7の地形エディタの画面は以下の通りです。Vue7では地形エディタが標準地形と直接生成地形で別々のアイコンが用意されました。直接生成地形を右クリックすると、Vueに登録された地形を直接呼び出せるようになりました。


「Vue6地形エディタ」


「Vue7地形エディタ」

エディタを見てもらえば判るのですが、地形を2つの質感で直接指定して塗り分けられるようになりました。Vue7.4になってから付属するようになった新機能です。ちなみに地形の後ろ側を指定したい場合には、地形が表示された画面上で右ドラッグして、地形を回転させて下さい。なかなか便利な機能なのですが、まず機能が不安定だなと思いました。地形に基本質感(質感1)のみが適用されていた場合は、質感2を呼び出す画面が地形エディタ上で表示されるのですが、地形エディタを閉じてレンダリングすると塗り分けが解除されてしまうということが多発しました。回避方法は、最初に合成質感で2つの質感をまず指定してから、地形エディタを開いて操作をするとよいようです。


「質感エディタ」

2つの質感の混合具合を確認するために、濃度の薄いブラシを用いて地形エディタで質感を塗り分けてみました。質感の変化をなだらかにしたい場合には、質感エディタのスムースブレンドの値を大きくするとうまくいくようです。


「地形エディタの質感の塗り分け」


「質感エディタ スムースブレンド10%(初期設定)」


「質感エディタ スムースブレンド100%」

質感1と2の配分において、関数の指定を開いて関数エディタを確認すると、自動的に作成されたテクスチャマップが使用されていることが判ります。この混合マップは画面上のリンクで書き出すことができます。この画像をレタッチソフトを書き出して編集すればより複雑な質感指定ができるだろうと思いました。


「関数エディタ」


「テクスチャマップの書き出し:リンクの書き出しを指定してください」

今週のつぶやき
e-onのサイトではVue8のアナウンスが開始されました。メンテナンスサブスクリプションの内容を見ると、Vue8の公開はかなりはやいだろうなと思っていたのですが、想像どおりでした。機能の詳細はまだ公開されていないのですが、毎年バージョンアップするのであれば、せめて仕様変更のないプラグインはバージョンアップしても使用できるようにするなどの配慮があってもいいのではないかなと思いました。直接e-onからVueを購入できるようになったのですが、今後は新たに搭載される機能をよく確認してからバージョンアップするかどうかを決めたいなと考えています。Poserもバージョンアップが発表されました。インターフェイスが改良されるらしいのですが、複数のオブジェクトを配置した時にまとめて移動できるような改良があればいいなと思っています。

7月は作品を制作した後、本家サイトの更新作業をしていました。ギャラリーサイトをなんとかしたいなとずっと思っていて、現在使っているホームページ作成ソフト「Fontpage2003」の更新を併せて考えていました。ギャラリーサイトを別サイトに移すことも考えたのですが、昔の作品をすべて新たに投稿するのはどうかなと思ったこともあり、最終的には画像を一覧形式として表示し、リンクで大きな画像とする方式としました。ホームページ作成ソフトはいろいろ検索してみたのですが、どのソフトが欲しい機能が搭載されているか判らないことと、「Fontpage2003」で簡単にサムネイル作成ができるので、当面「Fontpage2003」を使い続けようと考えています。さて、次回は棚田の製作方法を記載したいと思います。


Comments

こんばんは、お久しぶりです。
「The sunset of rice terrace 」拝見しました。とても綺麗ですね。実は私も投稿してしまったのです。Hisayanさんの春の御殿の全景を・・といじっているうちに時間切れとなり納得できないまま投稿となりました。Finalistsに選ばれた作品はやはり凄いですね。 

  • hidekun@2009/08/03 8:14 PM

こんばんは、hidekunさん。お久しぶりです。

hidekunさんの作品はpos=73の作品ですよね(ちがったら御免なさい)。投稿された作品を見て、すぐに判りました。私も春御殿一度読み込んだことがあるのですが、データが重くて挫折しました。完成までもっていけたのが凄いなと思いました。

FinalistsにはDOMさん(Dominic Davison)が選ばれていますね。Vue5のときに一度作品を拝見して凄く上手いなと思ったのですが、Vue6Espritでここまでの作品が製作できるのが凄いですね。植生の使い方が上手いなといつも感心させられます。けれど、Finalistsに選ばれた作品では、「Romantic Landscape with Bicycles」が一番好きですね。

  • 銀狐(Ras)@2009/08/03 11:13 PM

「棚田の夕景」拝見しました。日本の原風景というか懐かしい風景というか、
とてもきれいですばらしい作品だと思います。漁火の幻想的表現にも驚きました。

技術的にも棚田の製作は難しいので、苦労されたのではありませんか。
私は以前、メタセコで作ろうとして挫折しました。(^ ^);
Vueだけで製作するのはさらに難しそうですね。製作解説待っていまーす。といっても
Vue7持っていませんけど・・

コンテスト・・私も「Romantic Landscape with Bicycles」がいいなあと思いました。
右の枯れた木などはみごとですし、背景もちゃんと作り込んであるし、
画全体のバランスも自然にみえます。

  • はる@2009/08/04 7:57 PM

こんばんは。
お見込みの通りpos=73でございます。
6月にパソコンを買いかえ64bitにしました。その最初の作品です。安定しており快適なので調子に乗ってオブジェクトを増やしすぎ、結局激重でした。
やはり、「Romantic Landscape with Bicycles」が印象に残りますね。
「Terraforming」の台風の渦は一度やってみたいと思っていました。

  • hidekun@2009/08/04 8:30 PM

Rasさん、こんばんは。
コンテスト、お疲れ様でした。
Rasさんの見事な棚田の風景、拝見させていただきましたよー。
見事な作りこみ、幻想的な漁火に綺麗な空・・・見事すぎて最初見たときに『おぉーっ!』と、声が出てしまいました。

あと、ファイナルに残った作品は、さすがですね・・・でも、選出されてないものも、紙一重の差なんでしょうね。
優れものがいっぱいありましたもん(Rasさんのを含めて)

私が印象に残った作品は、Gary and Catherineさんの『Arctic Precipice』というの。
残念ながら、ファイナルには残らなかったけど・・・

あと、最近知ったのですが DOMさん・・・
Vue6Espritでやってたんですよね〜
驚きました!!
私も見習わないと・・・

しかし、Vue8とはなんだか早すぎません??
どんどん、取り残されていくようです。
でも、Vue6で地道になにか作り続けていくつもりです。

では、お邪魔しました。

  • tetsu@2009/08/04 10:22 PM

こんばんは、はるさん。

>とてもきれいですばらしい作品だと思います。漁火の幻想的表現にも驚きました。
ありがとう御座います。漁火が水面に映し出されて、水底に向かって光が伸びているような表現も今回検討してみたことの一つです。Vue7の新機能であるメタウォーターの紹介と併せて設定方法を紹介する予定です。

>技術的にも棚田の製作は難しいので、苦労されたのではありませんか。
はい、とても苦労しました(^^;。以前から何度か挑戦してみたことがあるのですが、それらは完成に至りませんでした。今回で3回目の挑戦です。実際に製作してみて、形状だけならモデリングのほうが簡単だろうと思うのですが、質感の設定なんかと併せて考えると、高度マップを描く方法が結局はよいのかもしれないなと思いました。高度マップを描いて、棚田を製作したのでVue6でも根気と時間さえあれば製作できるだろうと思います。

>私も「Romantic Landscape with Bicycles」がいいなあと思いました。
同意見ですね。ぱっとみて印象に残る作品だなと思いました。

  • 銀狐(Ras)@2009/08/05 12:36 AM

こんばんは、hidekunさん。

>6月にパソコンを買いかえ64bitにしました。
おーいいですね。64bitパソコンなら、春御殿読み込んでも快適なんですね。私も64bitパソコンが欲しいなと前々から考えていました。ウィンドウズ7も発売されることですし、年末にはPCを買い替えたいなと考えています。予算が捻出できるかどうかが一番の問題なんですけどね(^^;。

>「Terraforming」の台風の渦は一度やってみたいと思っていました。
確かに、私も一度試してみたいなと思いました。このようなイベントでは、Vueでこんな表現もできるのだなということが判るのも楽しみの一つですね。

  • 銀狐(Ras)@2009/08/05 12:47 AM

こんばんは、tetsuさん。

>Rasさんの見事な棚田の風景、拝見させていただきましたよー。
ありがとう御座います。てつさんにこのようなコメントを頂けるのは嬉しい限りです。自分で言うのもなんですが、頑張ったなと思える作品が出展できたのは、よかったなと思います。

>DOMさん・・・Vue6Espritでやってたんですよね〜
私が最初にDOMさんの作品をのは、Vue5の時代でした。C3Dで最初に作品を見て驚き、Espritだというのでさらに驚きました。レンダロの年末のコンテストでも1stを獲得されていましたが、個人的に憧れの作家さんの一人だったりします。

>Vue8とはなんだか早すぎません??
私もそう思いました。けれど、新たに導入されたメンテナンスサブスクリプションが継続されていくのであれば、恐らく毎年バージョンアップになるのだろうなと思います。バージョンアップに見合うだけの機能追加があればよいのですが、そうでなければVueから離れていく人も多いのではないかなと危惧しています。Ecosystemやリアルな作品が製作できるというのがVueの特徴(アドバンテージ)だったのですが、他のソフトでも同じことができるものが増えています。Vue8では魅力的な新機能が搭載されることを期待しています。

てつさんのBlogにも、またお邪魔させて頂きますね。

  • 銀狐(Ras)@2009/08/05 1:21 AM

棚田見てきました、お見事です、綺麗でした。
私だったら棚田の風景が好きだし文句無く一等賞です。
私の所ではチョッと行くのが大変ですが山奥に棚田が隠れるように広がっています。
外からは見えないので、山道を登っていきなり目の前に現れるととても感動します。

ファイナリストみても確かに納得ののもあればどこが特に優れているのか良く分らない作品も有りました。
やっぱりリアル度とか私の見えない所での評価なんでしょうね。

棚田を見て真っ先に思ったのが中国の絶景、黄龍も作れるのでは、と言う事です。
棚田とは違う難しさがあるかもしれませんけど。
それとメタウォーター、さっぱり分らないので解説楽しみにしています(^^

  • sannzi@2009/08/07 6:37 PM

こんばんは、sannziさん。
>棚田見てきました、お見事です、綺麗でした。
有難う御座います。課題は多かったのですが、何とか完成まで持っていくことが出来ました。私の住んでいる近くに棚田はないのですが、田圃が広がっているところがあります。水田に空が映し出されている景色が綺麗だなと思っていたこともあり、題材に選びました。

>ファイナリストみても確かに納得ののもあればどこが特に優れているのか良く分らない作品も有りました。
優勝者が発表されましたね。個人的には結構意外でした。皆さん頑張って手の込んだ作品を制作されているので、シンプルなのが逆によかったのかなと思いました。それだけではないのでしょうが、選者のコメントを見るとフォトリアルという点が高く評価されるようですね。

>黄龍も作れるのでは、と言う事です。
どのような場所か知らなかったので調べてみました。綺麗なところですね。棚田は高度マップを描いて作成しました。いくつか資料が必要なのですが、それが入手できれば同様な方法で製作だろうと思います。根気が必要かもしれませんが……(^^;

  • 銀狐(Ras)@2009/08/08 8:55 PM









Trackbacks