01.23
Saturday
2010

以前から製作してみたいと考えていたオーロラを製作してみました。ある程度、それらしく見える大気設定は以前からできていたのですが、今ひとつだなと思ったこともあって、それを使った作品をつくるには至っていませんでした。実はshadeカップの作品として、pixivに出展することを考えていたのですが、時間が足りなくて出展は結局あきらめました。その後、時間をかけて製作することにしたのですが、オーロラの下に何を配置するかで、散々迷いました。最終的には、以下の作品のようにユニコーンを配置することにしました。大気設定と水の飛沫が作品制作のポイントなのですが、これらについては別途、製作日誌で詳細を記載したいと思います。


「オーロラとユニコーン」(クリックすると大きな画像が表示されます)

最初は、以前製作した作品をヒントにクリスタルの中に妖精が閉じ込められたものを配置していました。HONEYさんがTipsで紹介されているのですが、ガラス質や液体が重なると、重複部分に減衰色の効果が出てきます。これを使ってオーロラの色と一致させ、オーロラの光を浴びているような感じを表現してみました。個人的には、こちらのほうが好きだったのですが、主張が強すぎて、背景と喧嘩してしまうように思えたので、採用は見送りました。

作品によっては、今回のように検討段階で没作品が出来てしまいます。コンテストに投稿した作品も選外のものは、紹介することを忘れてしまうので、そんな作品を集めて一度Blogで紹介しようかなと考えています。


(作品の一部)

この作品を制作していて気がついたのですが、レンダリングした画像をVueから直接JPEGで書き出すと、画像圧縮による劣化が目立つことが判りました。特にが私 は、通常VueからBMPで書き出して、画像編集ソフトでJPEGに変換しています。そのほうが圧縮率が高くても、綺麗な画像が得られます。

今回のつぶやき
F3Dのお題でレンダのテーマが「白」だったこともあって、今回製作した作品を投稿しました。F3Dでは3月1日から毎年恒例の和風展が開催されます。毎年、ぎりぎりになってから作品制作に着手することになるので、今年こそは早めに製作に着手したいなと考えています。


Comments









Trackbacks