08.16
Thursday
2012

前回に引き続いて地形チュートリアルです。Geekatplayの地形チュートリアルとVue9日本語マニュアル(以下、マニュアル)を見ながら使い方をおさらいしていきます。今回は標準地形その2とその3の内容を中心に機能や使い方を紹介します。

標準地形その2
(1)フラクタル地形設定
ノイズ分布:各反復処理時に地形に追加されるランダムなゆらぎの分布を指定。デフォルトでは0.5前後でノイズがランダムに分布し、隆起と溝が同じ確率で生成される。不均衡な分布(左右が非対称なフィルタなど)を指定すると、地形は膨潤または収縮する傾向を見せるとのことなので、左右非対称なフィルタを適用してみました。実際に試してみると複雑な地形(より自然な地形)が生成されることが判ります。このフィルタは工夫してみるとよいかもしれないなと思いました。


「Baseとした地形」(ランダムノイズ7777)


上記にノイズを追加:左右非対称なフィルタKerpelを適用(フィルタはVarian's Dreamview !からの頂きもの)

反復処理時のゆらぎの振幅:ゆらぎの平均強度を調整することができます。効果は限定的で全体的にノイズを付加する8以外はほとんど使用しないだろうなと思いました。

(2)ペイントタブ
ブラシプリセットには2Dブラシと3Dブラシが混在しています。ブラシの機能は2D化ボタンをおしてから地形を編集すると、2Dブラシしか選択できなくなり、Vue7以前と同様な編集を行うことができます。ブラシの詳細はマニュアルのP236-P237を参照してください。

3Dブラシを使って編集をする場合は、ワイヤーフレームをONにすると効果が判りやすいだろうと思います。個人的には、余程複雑な地形を製作するのでなければ、2Dブラシだけでも十分だろうと思います。なお、2Dブラシ高度を選択した場合は、「クリップレンジに収める」の下に高度を設定するダイアログが表示されます。マウスでの編集は結構大変なので、本格的に地形編集を行う場合は、筆圧感知型のタブレットの使用をお勧めします。

効果はマニュアルP243を参照して下さい。名称から効果が推測し難いがものもあるのですが、一度試してみればほとんどの効果は理解できるかと思います。解像度を上げないと効果がはっきりしないものもあるので、注意が必要です。チュートリアルビデオには、この効果を使った地形編集が紹介されています。


「RivervalleryとSharpenの効果を追加した地形 512×512」


質感を設定したレンダリングした画像

(3)ブラシエディタ
ブラシをダブルクリックすると、ブラシエディタダイアログが開きます。ここでは、いろいろなブラシの設定が行えます。詳細はマニュアルP238-239を参照してください。

(4)地形の書き出し
マニュアルP246を参照してください。

チュートリアルビデオではマテリアルペインティングについての簡単な説明があるのですが、今回は飛ばすこととします。

標準地形その3
(1)高度フィルタの使用例
チュートリアルビデオに従って、段々の地形を製作し、水をはってみました。水はフィルタを適用する前の地形を予めコピーしておき、段々の地形に適用したのと同じフィルタを編集しています。




(2)関数の追加使用例
チュートリアルビデオに従って、Frozon Lavaの関数を地形に追加し、ゼロエッジをとマテリアルsoilを適用してみました。ある程度複雑な地形を製作する時には編集前に地形をコピーするか、フラクタル地形設定でランダムノイズの数値を調べた地形を使うなど元に戻せるような対応をしておくことをお勧めします。



今日のつぶやき
昨日、F3Dに作品を投稿してきました。お題は「お化け、アンデット」。最初は幽霊船を題材にしようと考えていたのですが、製作途中で絵にしてみると単なるオンボロ船だということに気が付きました。そこでひねりを加えて海の墓場を描き、鬼火(ウィル・オ・ウィスプ)を題材とすることにしました。ちなみに、ネットで調べてみると水面上で木を燃やすことで人工的に製作できるそうです。

海洋シーンなので、Vue9で製作しようとしたのですが、レンダリング27時間と表示されたので諦めました。このため、Terra Domeを使ってPoserPro2012でレンダリングした画像を加工して仕上げました。個人的には今一つ、方向性が定まっていないように感じるのですが、期限が昨日だったので思い切って仕上げました。Poserからの生レンダ画像も併せて掲載しておきます。


「鬼火ー海の墓場ー」



今年は故あってお盆に長期の休みをとることにしました。日頃できないことができたらなと考えているのですが、なかなか難しいですね。明日から立山に出かける予定なのですが、残りの日数、modoを勉強する時間がとれればいいなと考えています。


Comments









Trackbacks