03.08
Saturday
2014

昨年前半は別アカウントで活動、後半はリアルのほうでいろいろあり、 ほぼ一年間Blogをさぼってしまいました。そうこうする内に今年も和風展が始まりました。会場は昨年とはアドレスが変更されています。
第8回和風展会場

ちなみに、前回第7回和風展に投稿した作品の制作過程はTwitterで呟いています。興味のある方は以下のリンクからどうぞ。Twitterは気楽に投稿できるのですが、後からまとめて記事を確認したい時にはちと不便ですね。
夢の轍
第7回和風展投稿作品「夢の轍」
進行状況1進行状況2進行状況3-1進行状況3-2進行状況3-3進行状況4進行状況5感想1感想2

今年は「硝子の簪」と「イラスト調の作品」を制作したいなと考えていて、2月中旬から作品の制作に着手しました。最初に着手したのは「硝子の簪」。和風展の開催アナウンスがあった直後に硝子の簪をネットで見かけたことが制作のきっかけでした。
ガラス細工のような美しい簪で日本をもっと好きになる
硝子の簪は質感が重要でフォトリアルが求められます。このため、レンダーにはmodo601を選択しました。ガラスの質感にテクスチャを施すのは結構難しいのですが、Photoshopと同じようにレイヤーブレンドができることが理由でした。制作にあたっては、事前にガラスの質感がうまく表現できることを簡単なモデルを制作して確認してみました。下記の画像でとんぼの部分はPNG画像を用いてバンプを適用し、わずかに色を変更しています。

「シンプルライト」

一枚は元ネタと同様に植物を題材としたものを入れようと考えていたのですが、全体の雰囲気と合わないので最終的に差し替えることにしました。ボツにはしたのですが、被写界深度の設定などmodoのカメラ設定を覚えるのに役に立ちました。

「硝子の簪ボツ画像」


第8回和風展投稿作品「ガラスの簪コレクション」

モデルはすべてHONEYさんより以前頂いたものです。modoの質感設定がメインなのですが、簡単に制作過程を記載しておきます。

虹色トンボ:modoに付属してるRefrective Clear Glassの質感を編集して使用しました。以下、その他の簪の硝子部分、大半はこの質感をベースに色などのパラメータを変更して使用しています。硝子全体にはダイヤモンドと同じ分光値を設定し、背後からポイントライトで照らすことで蜻蛉の虹色の羽を実現しています。蜻蛉を囲う金はバンプと色でそれらしく見えるよう工夫してみました。

花車:金細工を施した漆をベースをした質感を思い浮かべて質感を設定し始めたのですが、硝子の簪という題材に思い直して、質感設定を変更しました。金細工の部分はベースとなる硝子にPNG画像を使って別の質感に見えるよう工夫しています。金色のカエデはCLIP STUDIO PAINTのブラシを使用しました。花の部分は発色が鮮やかになるよう透過色や反射の色に画像マップを乗算で重ねています。手前の藤の花についてはポリゴン自体を透明にするディゾルブという設定を使用しました。透過量とは別に値を設定することができるので、硝子の質感を持つものでも一部を非表示とすることができます。

銀の月と赤いツタ:赤いツタと簪本体には写真を使用しました。本体に適用しているのは、空の画像で空に浮かぶ月をイメージしています。月が目立つよう格子には色をつけず、通常の透明硝子の質感を適用しています。このモデルは下から強いライトで照らして表面のつやつやした感じがよくわかるように工夫してみました。

3Dの面白さというのは、上手に嘘をつくことではないかなと思います。最近はフォトリアルなレンダリングソフトが増えたのですが、フォトリアルを目指すと、色の発色が今ひとつ鈍くなると感じていました。今回modoを使用することで、フォトリアルでありながら鮮やかな発色が出来たのは良かったなと感じています。さて、次回はもう一つの嘘-Poserを用いた手書き風作品について記載したいと思います。


03.04
Monday
2013

2月上旬は風邪で倒れていました。3月になって少しずつ暖かい日が増えてきましたが、花粉が舞う季節となりました。某TV番組によると雨が降ると花粉が破裂して、細かいアレルゲン物質になるそうです。雨の降った翌日は要注意でマスクをしっかりとしたほうがよいとのことでした。皆さんもご自愛ください。

【展覧会】
和風展:期間2013年3月10日ー3月20日
和風をテーマとした展覧会です。時期が近づいてきたので、再掲しました。Poserキャラクターを使った和風な絵や和風や風景画など和風なものを扱っていることが条件となります。和風画であれば、時代劇・昔話・怪談・SF・現代など時代やジャンルは問いません。詳細はリンク先でご確認ください。

【Blender】
Blender Ver2.66公開
今回の目玉新機能はダイナミックトポロジースカルプト。詳細はリンク先でご確認ください。ダウンロードはこちらからどうぞ。

【modo】
Auto Charactor Setup kit
その名が示す通り、キャラクタのセットアップを自動で行ってくれるという便利キットが近く登場する予定で、ティーザー映像が公開されました。Poserから取り込んだキャラクターも簡単にセットアップできるようになれば、modo上で簡単にキャラクターのポーズを変えることが出来るようになるかもしれません。

【配布】
ジャケットとキュロットパンツ(V4A4)
mamomamoさん新作です。「桜舞う季節のカット」とのことです。

雪穂
日本人ぽい顔立ちのTY2用モーフです。真仁堂さんのBlogで配布されています。

桜吹雪3Hi
sannziさんのBlogで配布されています。今からの季節に嬉しいアイテムですね。

大鼓・附締太鼓・篠笛
HONEYさんのサイト「江戸暦」でダウンロードできます。

【トピックその1】
123D Catch(公式サイト)
123D Catch 紹介記事
写真を撮影するだけでモデリングができるソフトが公開されました。Mayaや3dmaxの開発元であるAutodesk社が開発したソフトでパソコン版とipad版が公開されています。

【トピックその2】
明治3年の山車が尋常でない件
GIFアニメで明治初期の写真を3Dにしてみた
GIFアニメはステレオグラムを使用しているそうで、こちらに製作方法に関する記事が掲載されています。和風展が近いので、トピックとして取り上げてみました。ちなみに、私は和風展の準備全くできていません(うーむ、やばい!!) なお、hisayanさんのImage Labsでは、昔配布されていたアイテムはダウンロード準備中になっています。

3Dとは直接関係ないのですが、個人的に興味ある情報を入手したので、併せて記載しておきます。アニメーションと西洋人の風呂の入り方です。

【その1】
宇宙海賊キャプテンハーロック
銀河鉄道999にどっぷりはまっていたので、懐かしいですね。グラフィックはとても綺麗になっているのですが、ハーロックがちとかっこよすぎるように思います。

【その2】
SHORT PEACE(公式サイト)
SHORT PEACEに関する記事
大友克洋さん最新作。日本を題材とした4つのショートストーリーからなるオムニバス映画です。日本のトップクリエーターの方々が参加しています。「刺激を求める大人たちにおくる極上のアニメーション」というナレーションがいいですね。大友さんが脚本・監督を務めた「火要鎮(ひのようじん)」は、すでにいくつかの映画祭などで上映され高い評価を得ているとのことでした。

【その3】
西洋人の風呂の入り方